助産院と病院での仕事の違い

同じ助産師でも、助産院に就職する場合と、病院に就職する場合とがあります。それでは、助産院と病院には、仕事内容に違いがあるのでしょうか。実は「かなりある」んです。その違いは、病院では医療行為が出来るのに、助産院では医療行為が出来ないということから生まれます。

 

あくまで助産院は医療行為を行えない場所なのです!

 

ですから、助産院では陣痛促進剤のようなものを処方することも出来ませんし、帝王切開のようなことも出来ません。つまり、助産院とは「自分で産む」ところと言ってもいいでしょう。それに比べて病院は、「産ませてもらう」場所であると言えます。だからこそ病院での仕事は私達が知っているように医療行為を行っていくことなのです。

 

それに比べて助産院では長期的に妊婦を検診し、一人ひとりに担当の助産師がつき、健康管理から心身のケアまでを行います。このように、助産院ではあくまで医療行為は行わず、産むための環境やメンタル、体調を作り上げていくお手伝いをするというのがメインの目的であり、仕事なんです。

 

実際、助産院で出産の際に何か問題が起これば病院に搬送されることになりますから、助産師の仕事内容以外、本質的には助産院も病院も変わりません。ただ仕事内容自体は「妊婦さんのケア」か「医療行為か」という違いがありますから、留意しておきましょう。