看護師から助産師になるにはどうすればいいか

やりがいのある助産師の仕事に就きたい、助産師の資格を取得したいと思う看護師は少なくありません。助産師は、とても大変ですが命を取り上げる大切なお仕事です。出産に立ち会うだけではなく、母親になる女性に色々アドバイスをしたり、胎児の成長を見守るのも仕事です。

 

助産師として可能ですが、多くの助産師有資格者は病院や母子センターに勤務している人が多いです!

 

助産師になるには看護師の資格はもちろんのこと、助産師の資格も取得する必要があります。看護師から助産師になるには、助産師養成所に1年間通って卒業し、助産師の国家資格を取得する必要があります。もしくは、助産師養成課程がある大学の看護学科、看護専攻で学ぶルートがありますが、看護師資格はすでに取得済みなら、助産師養成所に入るのが良いでしょう。

 

助産師養成所は廃校になったり大学院でしか助産課程を学べないという大学もあり助産師養成所に入るのは狭き門とも言えます。現場から言えば、助産師はきつい仕事で生半可な気持ちでは勤まりませんから、産婦人科の看護師として経験を積んでから助産師にステップアップするのが良いでしょう。