看護師を辞めない理由

看護師を辞めない理由は、何なのでしょう。傍から見ても看護師の仕事はきつく、夜勤もあってかなり辛そうです。おまけに、それに見合う満足のいく給料も中々得られないと言います。また、仕事のキャリアも3年目くらいになると、概要がわかってきて、そうしたタイミングと同時に新人教育を任されるようになります。

 

より重要な業務を任されるようになり、重荷がどんどん増えていきます。そんな中にあって看護師を辞めないのは、やはりやり甲斐があるからです。看護師を続けていくと、自分の仕事は、看護師なのだという誇りのようなものができあがります。給料がいいわけではないのに続けられるのは、プライドがあるからです。

 

自分のキャリアを考えながら、誇りが持てる仕事なので、続けられるのでしょう。看護師はキャリアを重ねていくうちに熟練度が増し、経験を積むほど大事にされるというのも、看護師が辞めない理由の一つです。看護師としての誇りが身につくと、人手不足の中、自分が辞めてしまうと患者さんのためにならない、という想いも芽生えます。

 

看護師を辞めない最大の理由は、患者さんからの感謝の言葉であり、それが一番の支えになるのです。

看護師を辞めない理由関連ページ

看護師の未婚率が高いのはなぜ?
看護師の方は比較的未婚率が高いと言われていますが、実際にはどのような傾向が考えられるのでしょうか?